反省

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



全体的に12産駒は成績悪かった・・・まだ馬人生は残っている馬もいるが総括


原因

・最初に健康度フィルターをかけた

・高額馬を考慮の対象外としていた

・調教師をイマイチ重視しなかった(相澤、武市、佐々木、松昌、村山)

これぐらい


今見てもダンスール、ハイエストは今募集してても買うと思う、いい馬体です

イトハユリは当初の心配通り尻が薄いのが改善しなかったorz

その他は1勝してるのでまあ何とかなるでしょう

健康度フィルターは譲れない線なので少々高額でもS級厩舎を

って所でしょう

となると社台は外れて(応募できてないけどw)よかったのか・・・?





書いてて1つ気になる点を思い出した

管位の太い馬で強い馬はいない<鈍足になる傾向

ってのは知ってたのが

両立できそうで且つ健康度重視って事で

21センチを目安に選んでいたが太すぎた可能性があるな・・・

ここは20センチ台に下げてみようか。

うん。



厩舎判定基準としてパドックでのスーツ必着。

必着がポイント

半分の人はスーツだけどヨレヨレジーパンのとっつぁんが半分てな厩舎も結構ある。

これができてない厩舎は勝数多いとしてもパスでいい

厩舎統制が効いてないと判断

この点を甘く見てて今年後悔している。

馬は4~5年は走るのでそのつもりで使ってくれてそうな厩舎がいいな~



今年の出資基準まとめ

 ・ディープ、キンカメ、ハーツ、ステゴ産駒

 ・牡

 ・S級厩舎予定馬

 ・健康度と馬体◎はいままで通り

そりゃそうだ、と言う条件になった

平凡すぎて開いた口が開きすぎる感じw


当たり前のことを平然とやってのける

そんなひろしに私はなりたい。
ページトップ